インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

SIM/Plant.CT断層撮影

骨増多術(GBR)

上顎洞底挙上術

サージガイド

光造形医療用模型

即時荷重インプラント

.

.

.

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

TOP>難症例に対する治療法>光造形医療用模型

光造形模型01光造形模型02光造形模型03光造形模型04
元々は工業界で用いられていた技術である。エポキシ樹脂を紫外線で硬化させることによって作製する模型で、0.1mmの厚みで積層しながら硬化させる事により複雑な形態を再現することが出来る。CTの撮影結果がダイコムデータと言う形式で保存される。このデータを読み込み顎骨の模型を作製する。

 トップダウントリートメントを考えるためには、顎骨の模型のみならず、人工歯部分を光造形模型で再現する必要がある。CTはハンスフィールド値で形態を認識するため人工歯部分に加工が容易で骨のハンスフィールド値に近似した材質でCT撮影用ステントを製作する必要がある。また、咬合面の形態を精度良く光造形模型で再現するためには、咬合平面に対し45度の角度で積層を行うと精度が向上することが、試行錯誤の上確認されている。

光造形模型製作01
光造形模型製作02
光造形模型製作03

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP