インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

SIM/Plant.CT断層撮影

骨増多術(GBR)

上顎洞底挙上術

サージガイド

光造形医療用模型

即時荷重インプラント

.

.

.

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

TOP>難症例に対する治療法>サージガイド>サージガイド利用したインプラントの埋入の実際

サージガイド利用したインプラントの埋入の実際
2003年日本顎咬合学会発表内容から要約

 インプラント治療におけるトップダウントリートメントか提唱されるようになった現在、補綴主導型の治療計画が立案されるようになった。このことは、理想的な上部構造を支持できる様な三次元的に正しい位置にフィクスチャーを埋入することが必要不可欠となる。従来の方法としては、診断用ワクシングに基づいたサージカルステントを製作、オルソパントモ等のレントゲン撮影後、解剖学的な妥当性を判断し、最も適切な位置に埋入を行っていた。
近年、三次元的な診断の必要性から、CT撮影による診断方法が行われ、専用のソフトウエアーであるSIM/Plantを用いて三次元的埋入の位置を診断することの有用性が、多くの研究者から報告されるようになった。
 しかしながら、解析を行った理想的な埋入診断を実際のサージカルステントに、どの様にトランスファーするかによって、誤差が生じる可能性を否定できない。また、残存歯が少なく安定が粘膜支持であるステントや、無歯顎症例の場合は、埋入手術時にステントを正確に維持安定させることは不可能である。
 そこで今回、CTの撮影データとSIM/Plant解析データから、顎骨に適合する埋入用ステントを光造型模型にて製作することの出来る「サージガイド」を用いて下顎無歯顎症例の埋入手術を行った結果、良好な結果が得られたので報告する。

サージガイド治療ステップ

術前

埋入計画はパイロットデンチャーを製作、装着後、十分な評価を行ってから適切な上部構造の形態を模索し、トップダウントリートメントの概念を持って埋入計画を立案する

埋入計画

適切な補綴形態を支持するため必用な位置にインプラントの埋入計画を立案し、解剖学的に妥当性があるかを、CT撮影を行った後にSIM/Plantを用いて診断する

作製

SIM/Piantで補綴的、歯周的、外科的に妥当性のある埋入計画を立案し、サージガイドの作製を依頼する

埋入

無歯顎の埋入は、計画した理想的な三次元的位置関係を、手術中に口腔内で再現することは、困難であったが、サージガイドを用いることによって、正確な埋入手術を行うことが可能である

インプラント埋入01インプラント埋入02インプラント埋入03インプラント埋入04

 適切な粘膜の剥離を行った後にサージガイドの試適を行う、ある程度の大きさがあるために剥離の範囲が広くなる可能性がある。剥離範囲に問題が生じるようであれば、術前に光顎骨模型上で剥離反転範囲をシュミレーションしサージガイドの大きさを術者が削合しておくことも必用である。

インプラント埋入11インプラント埋入12インプラント埋入13インプラント埋入14

 顎骨との適合精度は良好であるが、接触面を維持するための構造が無いため、術中はしっかりと顎骨に適合させるために介助者が保持させることが大切である。このとき、不適合が生じてしまうと、この事が埋入の三次元的位置関係に誤差を生じさせる事になってしまう。

インプラント埋入21インプラント埋入22インプラント埋入23インプラント埋入24

 最終的なドリリング深度はサージガイドを外して行う、適切な埋入深度の決定は骨面を直視出来ない状態では適切には行えない。サージガイドを用いてドリリングの予定深度よりも浅めに形成し、最終的には直視下で適切な埋入深度に形成を行う。

2003年日本顎咬合学会発表内容から

TOP>難症例に対する治療法>サージガイド>サージガイド利用したインプラントの埋入の実際

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP