インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

SIM/Plant.CT断層撮影

骨増多術(GBR)

上顎洞底挙上術

サージガイド

光造形医療用模型

即時荷重インプラント

.

.

.

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

TOP>難症例に対する治療法>SIM/Plant.CT断層撮影

シムプラント01

 インプラント手術を安全に行なうためには術前に十分な診査診断を行なう事が大切になります。
特に骨の状態を三次元的に把握する事が重要です。
一般的なレントゲン写真では、二次元的な診断しか行なう事ができません。
このためにCT断層撮影が必要となります。次にその撮影データを解析する専用ソフトSIN/Plantを用いると、安全な手術術式をシュミレーションする事ができます。


インプラント手術を成功させるための三次元的方向

シムプラント02インプラントの埋入手術はインプラントを正しい位置に行なう事はインプラントに冠を装着する治療に大きく影響します。
その方向成分は、

1.前後的成分の位置と角度
2.左右的成分の位置と角度
3.埋入の深度(ノーベルパーフェクトの
様なスキャロップインプラントはその回転角度)

上記の事項に対し理想的な位置関係を骨の形に対し診断し手術中に具現化しながら手術を行なう事が高度で質の高いインプラント治療と言えます。

インプラント手術を成功させるための骨の固さの診断

診断に骨の形態とインプラント埋入の関係は形態に起因しています。手術を安全に成功させるために大切はもう一つの要素は、骨の固さです。シムプラント03
インプラントを成功させるためには、適切な固さを持った骨が必要となるからです。柔らかすぎる骨のインプラントは失敗する確率が高い事が解っています。骨の固さを事前に診断できれば、柔らかい骨用の術式の選択やインプラント体の選択が可能で、失敗の危険を回避する事ができるのです。

CTインプラント手術を安全で質の高い手術にするためには術前の診断が非常に重要である事が御解り頂けたと思います。そのためにはSIM/Plant(シムプラント)を用いた術前診断が必要不可欠である事は言うまでもありません。

パノラマX線撮影法

予測できない画像のひずみや拡大を引き起こし、特に前歯においてそれが著しい。
Backstrom A,Welander U,McDavid WD,Tronje G,Sanderink GC.Dentmaxillofac Raidiol 1989;18:169-176

最大で25%の拡大(ひずみ)が報告されている。垂直方向(10%)よりも水平方向(16%)において、より大きな拡大が生じている。
Reddy MS,Mayfield-Donahoo T,Vanderven FJ,Jeffcort MK.Clin Oral Implants Res 1994;5:229-238.

骨密度を測定するには信頼性が低く、実際に画像分析から判定した骨質が、手術時の実際の骨密度を正確に反映していない。
Petersson A,Lindh C,Carlsson L-E.Swed Dent J 1992;16;1-6.

CT撮影法 (SIM/Plant)

画像の正確さとコンピューター処理設計兼ね備え歯科インプラントの植立のための手術前計画を立案する強力な手助けになる
Rosenfeld AL,Mecall RA.Int J Periodont Rest Dent 1996;17:1161-1170.

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP