インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

インプラントの診査.診断

術前処置

インプラント埋入手術

インプラント補綴

メインテナンス

静脈内鎮静

病診連携

インプラント治療に用いる医療器具

歯周病患者とインプラント

管理者更新インプラント治療って何?リンク東京インプラントセンター

手術時の麻酔 手術に際しての痛みと不安の解消

インプラントの埋入手術には、以前は局所麻酔のみで行われてきましたが、現在は麻酔専門医による静脈内鎮静と呼ばれる麻酔下で行われることが一般的となっています。
この麻酔下で手術を行えば、手術を安全に行えることはもちろん、手術中の記憶が無いまま行うことが出来ます。
痛みを感じないだけでなく、手術の恐怖感まで全く感じることなく、全身管理下で安全に行うことが出来る先端歯科治療です。

安全なインプラント手術を行うために

手術部位には一般の歯科治療時に用いる麻酔薬と同様の局所麻酔を十分に行います。全身には静脈からの点滴により、ドルミカムと言う薬を使い深く眠った状態に麻酔をかけます。全身麻酔とは異なり、揺り起こせば問いかけに答えられられる程度です。ちょうどお酒を飲み過ぎてしまい記憶が全くないような状態になります。 手術中の記憶がなければ恐怖感もないため、血圧や心拍数は正常な状態のまま手術が行えます。従って、お体の弱い方やご高齢の方でも局所麻酔のみで行うよりも安全なインプラント埋入手術が行えるのです。手術終了時にはアネキセートと言う麻酔を覚ます薬を用いて麻酔から目覚めます。

麻酔科医とは

手術を安全に進めるために事前に全身状態を検査を行います。 血液検査など全身状態をチェックし、手術のための万全の体制を整えます。そして手術に立ち会い麻酔をかけ、手術が安全に行えるよう全身状態を管理します。 インプラント手術は現在、病診連携などによるチーム診療が主体となっています。全身状態のテック等は麻酔医を派遣してもらう大学病院等に対診を行うことで、インプラント手術を安全に進める事ができるのです。

局所麻酔だけでインプラント手術が行えるか?

インプラント埋入の三次元的位置関係、(位置・角度・深さ)はその後の処置やメインテナンスの行ない易さ、咬み合わせの関係など治療の精度に大きく影響します。従って埋入手術を行なう際には、安全に行なう事はもちろんですが、高い精度で埋入ポジションの決め、インプラントの埋入を行なう事が必要となります。そのためにも、全身状態や痛みのコントロールを麻酔科医に任せ、術者が手術に専念できる環境で手術を行なう事が精度の高い手術を行なう事ができるのです。

インプラントの埋入本数が多い場合や左右同時に埋入手術を行なうような場合は、術式的に無理が有ると考えます。、局所麻酔だけでは覚めてしまい、痛みを伴い、麻酔の追加をしても効かない状態になってしまいます。途中で麻酔が効かなくなってしますと、早急に手術を終了させなければず、手術精度の低下や、手術計画の変更など、望ましくない結果を招く原因となります。従って現在のインプラント手術には麻酔科医による、麻酔は必要なものとなっています。

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP