インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

HOMEインプラント治療の進め方インプラントの診査.診断

インプラントの診査

レントゲン01

全体の状態を把握するためにオルソパントモと呼ばれるレントゲン写真を撮影します。多くの場合初診時の相談に概略の話をするため最初に撮影するレントゲンです。

概略の相談が終了した後に、詳しい検査が始まります。
口腔内の模型、口腔内写真の撮影、細かく撮影するレントゲン、チャーティング、プロービングなどで詳しく検査をします。

レントゲン02
スタディーモデル
チャート
 インプラント治療は当然歯の無い部分に行われる治療です。従ってまずその部分の骨の状態が問題となります。その他、歯肉の状態、咬み合わせの状態等様々な事柄を審査します。しかし、

 インプラント治療を成功させ、長い期間健康でいられるためには、患者さんのお口そのものが健康でなければなりません。そのためには、この時点で残存している歯に起こっている問題点、これから起こるであろう問題点を念入りに調べなければなりません。

HOMEインプラント治療の進め方インプラントの診査.診断

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP