インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例
2/3 1.2.3   <前のページへ  次のページへ

傾きと移動

奥歯は口の前方へと向かって傾く習性があります。この事により、歯を失った場所(スペースX)に下顎第一大臼歯が前方へ傾きながら移動してしまいます。この現象が起きると、本来の正しい咬み合わせに狂いを生じさせ、数々のトラブルを引き起こす原因となります。

歯周ポケット形成

ここに見られるように、傾いた歯は歯根に沿ってポケットを形成してしまいます。歯周ポケットは狭く、病的な隙間もしくは亀裂を歯肉と歯根の間に形成させ、食べ滓や細菌の絶好の棲みかとなってしまいます。狭い病的な歯周ポケットは、歯ブラシやフロスでもその場所を清潔に保つ事はに困難で、ポケットに集まった細菌は繁殖を繰り返し、その歯肉付近のポケットに慢性的な炎症を発症させてしまいます。この状態を長く放置させる事により更なる悪化を招いてしまいます。

歯を支えている骨の喪失

歯周ポケットの存在は歯肉に慢性の炎症を引き起こし、やがてポケット付近の骨の炎症を引き起こす原因となります。そして感染した骨は軟らかくなり、徐々に破壊され喪失してしまうのです。このように歯肉が炎症し骨が喪失する病気を、歯周病と言呼んでいます。

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP