インプラントってどんな歯歯を失うとインプラント治療の進め方難症例に対する治療法インプラント治療期間.費用インプラント治療例

TOPインプラントってどんな歯インプラントの埋入可能年齢

インプラントの埋入可能年齢

インプラント治療は全身が健康であれば年齢を特に心配する必要は有りません。インプラント治療と年齢の関係をいかに示します。

口元01口元02口元03口元04

歯を失ってしまったら早期のうちにインプラント治療を行う事で他のご自身の歯を守る事にもなります。

口元11口元12口元13口元14

何歳になってもインプラント治療で笑顔を取り戻せます

年齢の問題は高齢者と若年者の2つに分けられます。すなわち、何歳から何歳まで、インプラント治療が可能であるかということです
 
若年齢

 1996年スエーデンで若年者に対するインプラント治療に関するコンセンサス会議行われ、Kochらが、インプラントは顎骨の成長に対応しないことから、生物学的に成長を終えた後を適応年齢としています。成長を終えたとは、身長でいえば、3年間で0.5cm以下の成長を示す。としています。
 一般的には20歳を過ぎた年齢からがインプラント治療の適応と考えられるでしょう。

高齢

 加齢だけがインプラント外科を不可能にする要素とはなりません。全身的に健康であり安全に手術を行うことができる体であれば、年齢は関係ありません。ただし、高齢者は術後の腫脹や感染等炎症症状に対する反応が違うため、手術に関しては、愛護的にかつ感染予防に十分に注意し行うことが大切になります。
 しかし、若くとも安全に手術を行うことができないほどに重度な心臓病や糖尿病などの持病を持つ人は、インプラント治療を行うことができません。
 噛む事に不自由が有った方を良く噛める様に治療する事は、これからを健康でいられる為には大変重要な事であり、インプラント治療は健康な食生活を取り戻し、全身の健康を維持する為には有用な治療手段といえる事でしょう。

HOMEインプラントってどんな歯インプラントの埋入可能年齢

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP