ー ブリッジとインプラントの違い ー

インプラント治療は歯を削る必要が無い

インプラント術前

 失った1本の歯を治す場合にもインプラント治療を応用することが出来ます。

 インプラント治療が行われる前は、失った歯の両隣の残った歯を削り連結された冠を被せることによって、失った部分を補う「ブリッジ」と呼ばれる治療が行われていました。失った部分には自分の歯に似せた歯が入るため違和感がありません。

前歯形成.臼歯術前

 しかし、残っている両隣の歯が健康な状態であっても、その歯を約1mmの厚みで削らなくては治療が行えません。
失った歯を補うために両隣の歯の治療も必要となってしまいます。
また残った歯が失った歯の咬む力を負担するため、残った歯が負担過重となる場合があります。

オールセラミックスブリッジ

 このように、両脇に冠をを被せ歯のない部分はそれぞれの冠に連結された見せ掛けの歯を用いて、歯を失った部分を補う治療がブリッジによる治療となります。
 冠の厚み分だけ歯を削らなければ治療を行うことができません。

インプラントを用いて治療を行う場合は、失った部位の骨を利用して治療が行われるため、両隣の歯を削って冠をかぶせる必要がありません。
 また咬む力はインプラントを伝わり骨が負担するめ、残りの歯が負担過重になることがありません。

このため、欠損部位を補う治療術式として高い評価を得ています。
 しかし、欠損部位の骨の形態によっては、審美的に満足のいく治療結果が得られない場合もあり、術前の十分な診査が大切です。

TOPインプラントってどんな歯ブリッジとインプラントの違い

インプラントってどんな歯 | 歯を失うと | インプラント治療の進め方
難症例に対する治療法 | インプラント治療期間.費用 | インプラント治療例

What's New | 管理者.連絡先 | 東京インプラントセンター | リンク | サイトマップ | UP